top of page

 

 

 

 

私の作品は作は、用具であり、空間である。

隔てる、という機能を持つ箱に硝子を使うことで緩やかに繋ぐ。

 

大切なものを入れるための箱として『ときの箱』と名付けている。

私が考える大切なものとは、人が経験する時間に纏わるものである。

一人の人間が大切にするようなものは、他人から見れば甘ったるく、捨て置くようなものかもしれないが、そこには個人が経験した情や心があり非常に人間らしいものだ。

他者が決めた価値に捉われず、自身の機微に気付き認め、胸に抱くように生きることは重要なことである。

 

表面に彫り込む文様は、言葉または自然のことから着想を得て描いている。今を生きる私の目の前にある美しいものを手元に書き留めていくように、つくり続けてみようと考えている。

I am creating glass boxes to house precious items, much like capturing the beauty around me.

-the plants, the sky, the changing seasons, and beautiful words-
What I consider 'precious' encompasses the time we've experienced and things that hold hope for the future. It could be a ring, a stone, a leaf, or even the very air.
These things are not a value determined by others, but a reflection of a person's life, which is why I titled it "ときの箱(Toki no Hako) - The Box of Time.”
I hope that 'ときの箱' will enrich the lives of those who use them and encourage a reconsideration of things we often overlook because they seem so commonplace: that our everyday, ordinary moments shape our lives, and that beauty isn't solely found far away but also right in front of us.


 

bottom of page